ジェネレーションZ

ジェネレーションZ

Generation Z /ジェネレーションZ って聞いたことありますか?

アメリカ合衆国で主に使われて1990年代中盤から2000年代序盤以降に生まれた世代を示す言葉のようです。年齢の定義は厳密には定められているわけではないようですが、現在「ジェネレーションZ」世代は20歳~30歳の若者たちで、日本だとスマホ世代とも言われている世代に合致します。

この世代は、ジェネレーションY(ミレニアル世代:1980 – 1990に生まれた世代)よりも更にIT環境が進んでおり、幼少期からデジタルデバイスやインターネットに親しんだ世代で、インターネットを利用し始めたころ、今では死語ですが、、、、、「ネットサーフィン」がADSLや光回線によりかなりスムーズになったころを体験してよりネットに親しんだ世代でもあります。

更に、次の世代は「ジェネレーションα」(アルファー)と呼ばれている21世紀つまり2010年以降に生まれた最初の世代は2030年代から2040年代に社会人となる世代もあります。世代ごとに周りをとりまく環境がITだけでなく、人とのつながりかた・ものに対する考え方・お金の消費の仕方、などの価値観のベースになる部分が外的要因で異なることは非常に興味深いです。

この世代はInstagramなどのSNSは当たり前で、言葉を話す前の幼少期から家でYouTubeを見て育ち、自動掃除ロボットのルンバを追いかけて遊んでる世代です。今後はAIの発達で今以上にテクノロジーと人間の関係が深まり、オンラインとオフラインの社会の両方を使い分け、オンラインゲームなどを通じた世界とのつながりもあり、オンラインの空間を最大限に享受して育つ世代ともいえるでしょう。この世代が社会人になるときにはキャッシュレスが当たり前になり「現金ってポイント溜まらないし使っても意味なくねえ?」というセリフが聞こえてきそうです。

さて、、、本日は、「ジェネレーションZ」世代のデザイナーさん達とクライアント様と一緒に弊社のオフィスWork Factoryにて店舗メニューデザインのミーテイングを実施致しました。実は本日お会いすることが初めてでしたが、これまでLINEグループを通じてコミュニケーションを続けてきて、実際にお会いして原稿を紙に出力して、顔と顔を合わせて色々とアイデアを出し合うことで、とても充実したプロダクティブな時間を過ごすことができました。

とても優秀な方たちで、現在は大学に在学中ですがこのようなお仕事もされていて、物事の捉え方も、考え方もアイデアもとても素晴らしかったです。様々な世代の視点を常に融合してなにかをつくることの大切さを改めて実感しました。

クライアント様は横浜市内に「抹茶ジェラート」店舗の出店を計画中です。弊社は設計と内装工事、現場監理を担当させて頂いております。次週は次の段階、いよいよ商品撮影です!とても楽しみです!またお知らせさせて頂きますので楽しみにしていてください。

TY

コメントは受け付けていません。