2DK→1LDKへのコンバートで40㎡の空間を効果的に+居心地良く

1990年代に建築された賃貸マンションの一室。2LDKから1LDKにすることによって、リビング&ダイニングの空間を居心地よくコンバートしました。

おかげさまで、これから結婚し、お二人暮らしをスタートされるという方にご入居頂きました。新しい生活をスタートするお部屋としてこちらを選んで頂き嬉しい限りです。

部屋にこもって勉強

昭和の受験生は、自分の部屋にこもって机に向かって夜な夜な勉強をし、お母さんが様子を見がてら夜食と飲み物をもって部屋をノックする。ドラマや漫画ではそんな様子がイメージできますが、最近はもっぱらリビングで勉強する受験生が増えているそうです。理由は「自分の部屋だと漫画などの余計なものが目に入る」とか「まわりの目がないと、他のことをしてしまう」などの考えがあるそうです。

スターバックスは受験生でいっぱい

街でも、カフェのシェアテーブルではPCを開いて仕事をする方も多いですが、場所によっては殆どのお客さんが学生が参考書を広げてイヤホンつないで勉強に集中している風景はよく見受けられます。理由を聞くと、、、「図書館や塾の自習室は静かすぎて集中できない」とか、「気分を変えて気持ちを切り替える時にはスタバに行く」というコメント。

リビング&キッチンという空間

料理が好きでとにかく毎日家でつくる人、共働きでアフター8時のセール品総菜を買って家では白米だけ炊く人、家で酒のつまみをつくって晩酌する人、外で夕飯をすまして家ではとにかくゆっくりしたい人、、、、好みは人それぞれですが、夫婦2人暮らしの生活では、リビング&キッチンの空間がとても大事、言い換えるとこの場所で過ごす時間が多くなることは間違いありません。毎日つかう、日常の生活の中で大切な2人だけの時間をたくさんつくって頂きたいです。

不動産の「賃貸管理業者」としての姿勢

令和1年、有限会社エスクは設立32期目を終え、33期を迎えました。これもひとえにお客様、ご関係者様、ご協力業者様の皆様のご理解とお力添えがあってのことです。改めまして感謝申し上げます。

近年、賃貸不動産の管理を巡る状況は目まぐるしく変化しております。

賃貸管理料の価格競争、賃貸管理サービスの向上を図るための多様なシステム、入居者対応策の24時間対応電話、緊急受付センター等の導入、入居者募集活動の為の仲介業者への業務提携費の支払いや業務提携、空室一括借り上げシステム、新築共同住宅の購入から管理までのワンストップサービスなど不動産管理に係るサービスは多種多様です。これから更にAIの導入と新たなデジタルプラットフォームが不動産業界にも導入されることになるでしょう

賃貸不動産オーナーの目線から見ると、賃貸管理業者の選定をする際にあらゆる選択肢があることは業界全体としてとても良いことかと思います。

テナントリテンション(Tenant Retention)という言葉があります。直訳をすると、「テナントの維持」という意味です。当社で賃貸管理をさせて頂いている建物のテナント様や入居者様に対してはスタッフは極力事務的な対応をしないように心がけております。お客様からのクレームやご要望に対しての基本的なご対応の流れは統一しておりますが、マニュアルはあえて作成しておりません。それはお客様それぞれが置かれた状況が必ず毎回異なるからです。エスクの姿勢としては、お客様に対してホスピタリティの考え方をもって、テナント様や入居者様のサテスファクション(Tenant’s Satisfaction)に重きを置くことを重要視することにより、オーナー様とテナント様との良好な関係を築くお手伝いをすることがとても大切であることを、永年の経験から学びました。オーナー様もテナント様も「人と人」です。当社は賃貸管理会社として”One on One”のコミュニケーションを最も大切にしております。

国土交通省が創設した「賃貸住宅管理業者登録制度」は、賃貸住宅の管理業務の適正化を図り、管理業務に関して一定のルールを設けることで借主と貸主の利益保護を図ることを目的としております。また、登録事業者を公表することによりお客様は賃貸管理業者を選定する際にひとつの指針として活用して頂くことが可能です。

当社は、小さな会社ではございますが賃貸管理業務を主体とする会社として、お客様の不動産のパートナーとして共に同じ方向を見て、お客様の価値観や考え方に適した選択をして頂けるようにあらゆる視点から企画提案をさせて頂きます。お客様の土地建物が長期に亘り受け継がれてゆくことに関して、当社もお客様と同じ目線になって一緒に考えていく事が可能な体制をとっております。会社の規模により、スケールメリットのある部分とスケールデメリットがある部分がありますが、当社はスケールメリットを最大限に活かし、時代の変化に対応すことができるよう日々研鑽に励み、お客様の為に尽くす姿勢を忘れずにこれからも、更に進んで参りたいと思います。

有限会社エスク 不動産事業部 山田 智也

「横浜本牧」賃貸マンションのリノベーション

賃貸経営で大切なことは、とにかく空室を減らし入居率を常に高く保ち、機会損失のない安定した賃料収入を得ることが大前提ですが、、、

実際にはどのような方に入居して頂くか?

そして、その方が近隣や地域の方々とうまくコミュニケーションがとれるか?

ということはもっと大事です。

お引越し後に入居者様との良好な関係を保つためには

賃貸管理会社としてのコミュニケーション能力がとても大切だと考えます。

結局のところ、、、、 「人と人」です。 

本牧・本郷町の築35年賃貸マンションの2DKのお部屋をフルリニューアルさせて頂きました。入居者様が心地よく、気持ちのいい毎日を過ごせるように、施行させて頂きました。おかげさまで募集開始後すぐに、ご入居者様が決定致しました。あらたな住環境で、この地域に根差して良好な関係を築いて頂ければと願っております。