”TAKE ALL ACTION” 2022年度の運営テーマ

”TAKE ALL ACTION” 2022年度の運営テーマ

2022.9.27 by Tomoya Yamada

 おかげさまで、2020年7月より当社の代表取締役を務めさせて頂き、石の上にも三年、まずは目の前のことからやってみよう!という気持ちで夢中で過ごして参りましたが、早いもので今期で3年目に突入しました。これまで、それぞれの年度で運営テーマを設けて会社の姿勢や方針を定めて参りました。

今期のテーマは「TAKE ALL ACTION」です。

コロナの話はさておいて、ここ数年間で世界中のさまざまな変化はこれまでに増して目まぐるしいものだったと思います。その中で、より大事だなと感じることは、自分の意志で決断をすることの大切さ、そして変化を恐れずに受け入れて行動に移すことの必要性です。

ワクチンを受けるのか?受けないのか?選挙に行くのか?いかないのか?仕事を続けるのか?辞めるのか?引越しするのか?しないのか?国葬は反対なのか賛成なのか?ウクライナを支えるには自分に何ができるのか?この人のはなしを聞くのか?聞き入れないか?今夜は焼鳥なのか?それともおでんか?焼酎は芋なのか?それとも麦か?昼めしは蕎麦なのか、それともカツ丼か?今朝はコーヒーなのかアールグレーか?

YESとNOがはっきりしないことでも、何かしら自分なりの考えを持って判断して、それから実際に発言するだけでなく、アクションに移すことの大切さが、色々な局面で身に染みたような気がします。

こうしたい、ああしたい、ではなく、こうしよう、ああしようと実際に行動に移すことが必要で、女房にもよく叱られますが「言葉はまやかしよ!私は行動しか信じないからね!」という言葉がいつのまにか私なりの行動指針となりました。冗談抜きで。

最近、とてもありがたいことに、お客様、入居者様、ビジネスパートナー、リーガルパートナー、協力業者のみなさんと共に、仕事の垣根を超えたお付き合いをさせて頂き、さまざまな仕事のプロジェクトを通じて一生忘れない思い出になるような特別な機会を頂いていることを実感しております。もちろん仕事の上では楽なことばかりではなく、辛く、むしろ大変なことの方が多いかもしれませんが、それらを乗り越えることにより、何とも言えない、当事者同士にしかわからない達成感にこそ、今流行りのコスパや費用対効果などと言うものには決して表れない人生レベルUP的な、隠れた成長数値があるような気がしてなりません。

そのような価値観を一緒に共感できるような、あ・うんの呼吸ができる人たちとこれからも一緒に、色々な角度で人間らしい交流を深めて前に進みたいと強く思うこの頃です。 

ここに、当社のここ3年間のテーマを共有させて頂きます。今期も、謙虚な気持ちを忘れずに日々研鑽をし、公明正大を以ってお客様のために尽くし、仕事を通じて地域社会に対して自分達らしい貢献をして参りたいと思う所存でございます。

どうぞ引き続きご指導のほどよろしくお願いします。

有限会社エスク

代表取締役 山田 智也

■ 2022年 36期 「TAKE ALL ACTION」

すべてのこと、まずはやってみよう。やってみることで、既存の考え方を新たな観点からみることができて、ひょっとすると固定概念がかわるかもしれない。経験値と実績に自信と謙虚さを持ちながら、自分なりのラーニングプロセスを楽しめるようにしましょう。

言葉による自己表現はとっても大切です。そして自らが言葉にしたことを行動に移して実践することも大切です。おのおのが行動した結果が積み重なって、小さな成功をたくさんあつめるためにアクションをはじめましょう。

■ 2021年 35期 「JUST BE WHO YOU ARE, NATURALLY!」

Be who you are: ありのままで、自分らしく

Naturally: ナチュラルに、自然体で

仕事を通じてお客様や関係するみなさんに対して「自分らしく」接することができるか?更にそれがナチュラルで自然体であるかどうか?なりたい自分、表現したい自分ができているかどうか、私たちの姿勢が関わるひとたちの共感を生むはずです。

2020年 34期 「CLEAN THE KITCHEN, FIRST!」

まずは自分たちのキッチンをキレイにしよう!いつでもお客様をお迎えできるように、ホスピタリティと良質なサービスが提供できるように私たちの仕事場やマインドセットをキッチンに例えて、常にキレイでクリアな状態にしましょう。

ホスピタリティとサービスの違いとは?

「ホスピタリティ」=心からのおもてなしの気持ち =対価を求めない

「サービス」=お客様が求めることにたいして仕事を通して提供(サーブ)するもの =対価を求める

コメントは受け付けていません。
© YAMADA REAL ESTATE SERVICE COMPANY LIMITED