柿の木とハクビシン

ハクビシン(Paguma larvata)食肉目ジャコウネコ科ハクビシン属 ※日本に生息する唯一のジャコウネコ科の哺乳類で外来種と考えられている。全長90~110cm 体重3~4kg程度 猫の様な体つきで鼻筋が長く額から鼻にかけて白い線があることが特徴。夜行性で夜になると餌を探しに徘徊する。

農林水産省ハクビシンの基礎知識より引用-

「夜中、屋根の上でガタゴト動物の音がする、またハクビシンだ!」とのご連絡をお客様より頂いた。早速、訪問し屋根の上に登ってみると、庭に育つ柿の実をたくさん捕り、屋根の上でさぞ優雅(であろう)に食べでご丁寧に糞までしていった後があった。この柿の実はとても甘いそうで、ハクビシンも数回にわたり数匹で通っていたと思われる。

招かざる常連客がもう来ないように、残り少ない柿の実はすべて収穫した。次に来た時にハクビシンはどんな顔をするのだろうか少し気になる。これまでたらふく食べたのだから、もう良いだろう、他をあたってほしい。

横浜ランドマークタワーも望めるこの場所だが、裏にはお寺の山もあり、まだまだ自然豊かな地域である。どこをねぐらにしているかはわからないが、どうやら山から電線を渡り夜な夜な商店街やゴミ捨て場に出没するそうだ。まさに世渡り上手。電線を切るわけにもいかず、まだ熟れぬ早熟の実を先に取るわけにもいかず、一度目を付けられたので来年以降も対策が必要である。

お客様よりお礼に収穫した柿の実を頂いた。確かに甘い!これはハクビシンたちも、やみつきになること間違いない。そして柿にはやはりお煎茶がおいしい。

「柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺」  ー正岡子規ー 1985年11月

「法隆寺の茶店に憩ひて」という前書きがあるそうだが、法隆寺に立ち寄った正岡子規が、茶店で一服して柿を食べると途端に法隆寺の鐘がなり、その響きに秋を感じたとのこと。ハクビシンも、瓦屋根の上で秋を感じながら、「うまいね、ここの柿はうまいねー!」と言いながら食べていたのかと思うとなんとも言えない気持ちである。

ー庭木の手入れ、除草、植栽剪定、管理、伐採もご相談下さいー

当社は経験豊富なベテランから若手まで、庭木の手入れから伐採まで対応可能な協力業者と共に、木のこと、草のこと、様々なシーンでご対応が可能です。ぜひご相談ください。

永く住んだ土地にこれからも家族で住むストーリー

永く住み、親しみのあるこの土地で、家庭を築いてきた。子供は地域の学校に通い、進学し、就職。素敵なパートナーと出会い結婚。ご夫婦それぞれが社会人として活躍し、そしてこの土地に戻り、かわいい孫が産まれた。

2018年7月に竣工した、子供世代の新築(写真右)は タマイアトリエ・玉井清氏による設計/施工、そしてこの度大規模改修工事を終え完成した母屋(写真左)は当社の建築士・K DESIGN OFFICE 山田一弘が基本設計・監修をさせて頂いたご家族の「実家」である。施工はORGAN CRAFT の心通うメンバー達と共につくってきた。

家という空間には、そこに住む人達の時間が記憶される、家族の思い出、個々の記憶、流れる時間が長ければ長いほど、たくさんの想いがそこにはある。

かわいい猫ちゃんとゆったり過ごすリビング、子供、孫、家族たちが集うこの空間はオーナー様の大好きな手料理でおもてなしをする空間。玄関を開けるとガラス引戸ですぐにその明るくて暖かい雰囲気に飲み込まれる

家という空間は人がつくり、人が住み、人が雰囲気をつくる

ご家族がこれまで永く住まわれたこの家で、設計前に私たちが感じてきた温かい雰囲気は正にオーナー様の生き方そのもの。その空間を今回リニューアルさせて頂き、これからも永く生活をするこの場所をつくるお仕事をさせて頂いたことにたいして、改めてそのご縁に感謝

これからも、この場所で、これまでと変わらずに一家仲良く、たくさんの良質な時間をお過ごし頂きたい

Hospitality ホスピタリティとは?

ホスピタリティー Hospitality = ”おもてなし” Omotenashi

Google翻訳でHospitalityを入力すると、日本語訳では”おもてなし”の表示がでてきます。”おもてなし”は2013年に国際オリンピック委員会のIOC総会で滝川クリステルさんがフランス語でプレゼンテーションした際につかい、その年の新語・流行語大賞にも選ばれたことで有名です。当然、おもてなしとホスピタリティは同様の意味を持っていても、どちらかの言葉にルーツがあるわけではなく、それぞれの国や地域で使われることばとしては同類だと思います。

ホスピタリティ、英語で”Hospitality”をオンラインの百科事典(The Encyclopedia Diderot & d’Alembert)で調べると下記の様な説明文があります。

〈原文〉※原文の一部を抜粋

Hospitality is the virtue of a great soul that cares for the whole universe through the ties of humanity. The Stoics regarded it as a duty inspired by God himself. One must, they said, do good to people who come to our countries, less for their sake than for our own interest, for the sake of virtue and in order to perfect in our souls human sentiments, which must not be limited to the ties of blood and friendship, but extended to all mortals.

The Encyclopedia of Diderot & d’Alembert- より引用しました。

〈日本語訳〉※要約

ホスピタリティとは人間社会においての人と人との絆やお互いに対しての思いやりの気持ちであり、それらを心で示し表現する美徳である。ストア派はホスピタリティこそが神によりインスパイアされた義務とまで解釈している。他国より来訪者が来た際には自分達のことよりもその来訪者を優先し、人としての温かい気持ちでおもてなしをすることこそが美徳であり、それはあくまでも人としてのこころいきであり、友人関係や血縁関係という枠組みを超えたのすべての人に対して持つべき感情である。

ー ホスピタリティという考え方を仕事に取り入れたい、という想いから -

2019年7月より、当社のワークコンセプトとして”ホスピタリティと良質なサービス”というテーマを設けました。それは上記の通り、ホスピタリティという言葉が持つ意味はエスクが持つべき仕事に対する姿勢としてとても相応しいからです。何よりもお客様のためにお仕事をさせて頂く上で、仕事を通してどのように喜んでいただけるかを追求したいと考えると共に、私たち社員一人ひとりのノウハウや経験、そして個性を活かしてお客様にとって最適であり、良質なサービスをご提供し、ご満足を頂ける成果を出して参りたいと思います。

その様な想いをかたちにすべく、本年創業33周年を機に会社のパンフレットを制作致しました。お気軽に当社にお寄り頂き、よろしければお手に取って頂ければと思います。デジタル媒体が多い中で、手にとって読んで頂ける紙の良さを改めて実感いたしました。

当社が運営するコワーキングスペースWork Factory Yokohama ではお客様専用のお打合せのラウンジスペースもございます。不動産のこと、売買、賃貸、アパート・マンション経営、相続、事業継承あらゆるご相談をお受けしております。また建築部門であるK DESIGN OFFICEでは設計・デザイン・リノベーションについてのご相談も随時受けつけておりますのでお気軽にお問合せ下さい。