横浜の不動産はエスクにお任せください

土地建物の賃貸管理・プロパティマネジメント・不動産売買仲介・賃貸仲介・設計・建築工事・リノベーション・不動産コンサルティング・土地活用

◆土地建物の賃貸管理◆


プロパティマネジメント
賃貸管理・土地建物保守管理

□ 賃貸物不動産のリーシング業務(市場調査・募集・契約・入金管理・更新)
□ 賃貸不動産経営管理(収支計画・中長期計画)
□ テナントリテンション(入居者&テナント対応・クレーム対応)
□ 土地建物の保守管理(定期点検・定期清掃・各種法定点検)

◆売買仲介・コンサルティング◆

Real Estate Brokerage & Consulting

不動産の売却・購入・有効活用には様々な視点を持つことが大切です。
お客様にとって最適な方法をご提案します。

□不動産の売却・査定・コンサルティング
□不動産の購入(新築・中古)
□不動産の企画・有効活用
□借地権・土地活用
□相続コンサルテイング

◆設計・デザイン・建築工事◆

Architectural Design
Construction

お客様の理想とする空間を一緒にDESIGN

住宅・店舗・事務所・造作

□設計・施工
□空間設計・造作設計
□リノベーションデザイン
□インテリアデザイン
□エクステリアデザイン

◆賃貸不動産の仲介◆

YOKOHAMA RENT
横浜が好き!

この街が好き、この街に住みたい、仕事したい、お店をはじめたい、私たちはトコトン寄り添って、お客様にとってピッタリの物件をお探し致します!

□住居(マンション・戸建・アパ―ト)
□事務所(事務所仕様・デザイナーズ)
□店舗(ビルイン・ロードサイド)
□飲食店(居抜・新規出店)
□駐車場(月極・貸地・コインパーキング)
□貸工場・倉庫・物流センター

◆コインパーキング

YOKOHAMA ES PARKING

当社のコインパーキングの特徴は、私たちスタッフが運営・管理・集金を自分達の手ですべて行っていることです。これは、お客様の大切の土地をお預かりしますので自社の目で常に確認する必要があるからです。

1.空地があり有効活用したい
2.月極駐車場の空きが目立つ
3.これから古家を解体する

コインパーキングが安定収入につながるかもしれません。どんなことでもご相談ください!

"The Soul of Hospitality"

Greetings from Yokohama! Finding houses in Japan is not easy thing to do especially when relocating from overseas. We are here to fully support you from finding houses, getting your paper work done, and even touring you around the city to make sure your new life here starts as smooth as possible!We also specialize in Property Management. From 1 Room apartment to commercial buildings, restaurant tenant, factories and even parking lots, we care on behalf of the property owner to make sure everything is in the right order and place.

NEWS &TOPICS

日々の仕事を通したストーリー、お役に立てる情報、お知らせを発信します。

言葉と向き合う

by 山田達也 2022年7月30日 ≪Column vol. 20≫

感染のことを考えて事務所の窓を少し開けただけで、温風が一気に部屋に入り込み、この暑さはなんだという感じです。一歩外に出るとめまいがするほどの暑さで歩くのも嫌になります。

 新型コロナの感染者は増加の一途をたどり、各地で過去最多の感染者という状況。この先8月はコロナも猛暑もいったいどういう状況になってしまうのかと心配です。

 コロナの感染、熱中症、みんなで一緒に考えて乗り切れるように頑張るしかないですね。

 先日 横浜商工会議所主催の講演会に行って来ました。

講師は言語学者の金田一秀穂先生「心地よい日本語」というお話でした。

 最初に「正しい日本語なんてない。」という先生の話に「えっそうなのかー?」

という感じで始まりました。「ぜんぜんうれしい。」という言葉も明治の頃は使っていたという事で、若い人が使っている言葉は間違ってはいないそうです。

以下金田一先生のお話です。(多少間違っているかもしれませんが)

「鳥肌が立った。」も本来は気持ちが悪い、恐怖を感じた時の表現でしたが、感動したときにも使われています。どちらにも正しいわけです。

「気の置けない人。」というのは気楽にお付き合いができる人という意味と

油断がならない人という意味でどちらも使われます。この様にどちらとも取れる表現は使わない方が無難です。意味が真逆になってしまいます。

 言葉は正しいか正しくないかではなく相手と通じ合うための道具です。

敬語は相手を気持ちよくさせる、相手に対して敬意を表すという事で外国語でも敬意を表す言葉はあります。

敬語をとても上手に使われるのは美智子様です。使わなくてもよいはずなのに

「どうぞお身体を大切にしてください。」と高齢者に話しかけます。話しかけられた方はこの言葉が生きる力になる素晴らしい日本語です。

美智子様だから素晴らしいのであって、どういう時にどういう人がという事を考えて使うのが大事。美しければいい、正しければいいではなくて相手と場面を考えて使うことが必要です。

 寅さんの「もってけ泥棒。」も場面によっては心地よい言葉です。

金田一先生の話はまだまだこれから続くのですがこの辺でお開きということで。

 大変参考になるお話でしたのでその一部を記載しました。

仕事の中でもいろいろな場面で、多くの方と話をしなければなりません。

私なりに考えさせられたのは、言葉が丁寧とか敬語を正しく使っているかではなく、いかに相手に対して誠実に向き合っているかだと感じました。

仕事になれば楽しい話ばかりではありません。お互いに交渉しなければならない場面はいくらでもあります。しかしどんな場面でも相手と強硬に向かい合うのではなくて誠実に話し合うことが大事なのだと思います。

相手の立場や状況もよく考えて言葉を選んで話をする事が必要です。

 友人たちと飲んだり食べたりするときは、たまに羽目を外してしまうことがありますが、親しき中にも礼儀ありで言葉には気を付けないといけないと改めて実感しました。自分が話をする事でみんなが楽しくなるような、言葉使いも勉強していきたいと思います。

 今回の講演を聞いて思いました。

 仕事で土地建物の売買や、賃貸の契約をするとき契約の前に重要事項の説明があります。年々内容が充実してきて事細かにいろいろな説明をしなければなりません。事務的に何でもかんでも記載して一通り説明すればよいのではなくて、そこはこの物件のポイントといいますか、長所短所を的確に相手に伝えることが最も大事なことです。すべて記載してあるからよいのではなくて、将来建て替えるときの事や、どの部分に不具合があるとか誠実に説明することを心がけたいと思います。

 お仕事をいただいたお客様とは長い間のお付き合いになります。只々敬語を正しく使ってお付き合いではなく、心地よい日本語を使ってお互いに気持ちの良いお付き合いを続けて行きたいと思います。

横浜西口岡野交差点1棟物件

2022年9月末までの限定キャンペーン!

横濱西口【岡野】の交差点近くの貴重な1棟貸し物件です。

飲食店・美容室をはじめたい方、いかがでしょうか?

物件名:R&B横浜ビル

用途:店舗(飲食店・美容室・様々な業態にご対応できます。)

賃料55万円(税込)管理費等
敷金 / 保証金なし / 200万円礼金1ヶ月
使用部分面積118.10m²築年月1986年11月(築35年9ヶ月)
坪数35.72坪坪単価1.5396万円
種目貸店舗(建物一括)

■お問い合わせはこちらまで■

有限会社エスク

〒220-0073横浜市西区岡野1-4-5 3F

TEL 045-313-1011 FAX 045-316-2955

URL: https://yesc.co.jp/

馴染みの焼き鳥屋

by 山田達也 2022年6月30日 ≪Column vol. 19≫

5月末に30度を超えて暑いと思っていたら、今何と35度を超える毎日

6月にこの暑さではこの先7月、8月は一体どうなってしまうのか? 電力需給も厳しいとの事で節電しながらの暑さ対策、どうしたらいいのでしょうか。

私の仕事は標高の高い避暑地でリモートでというわけにもいかず、熱中症で倒れないように注意しながら生活するしかないです。

休みの日には水風呂にでも入って節電を心掛けてみます。

 コロナの感染は一時期落ち着いていたのに、ここのところ感染者が連日増えているのでこちらもちょっと心配です。

生活に動きが出て来て、以前よりもいろいろな面で緊急事態宣言中とは違った雰囲気になっています。行動の規制が緩やかになってその影響もあるのでしょうか、こちらも今後の状況を把握しながら基本的な感染対策は忘れずに生活するしかないですね。

 昨日久しぶりに馴染みの焼き鳥屋に行きました。緊急事態宣言で休業が続き、解除されてからもカウンター席とかいつもいっぱいで、自分自身高齢者で感染の心配もあるので暫く足が遠のいていました。

行ってみようと思ったのは、ワクチンも打ったし感染者も落ち着いてきて、マスクの規制も緩やかになり、世の中の雰囲気が変わったことで自分自身の気持ちも前のような緊張感が無くなったからだと思います。

 行ってみるとカウンターもテーブルもしっかり透明のボードが設置されて、感染対策がしっかりなされていました。

やはりその方が安心して過ごすことができます。

久しぶりにおいしい焼き鳥とお酒を堪能してきました。

この店のご主人も女将さんもかなり高齢ですが今も現役で頑張っています。もちろん息子さんやスタッフはいますが、やはりご主人がいるといないとではお店の雰囲気が違うと思います。

通い始めて30数年たちますが、過去に仕事が大変な時期に疲れて飲みに行き、ご主人や女将さんの頑張りを見ていつも元気をもらい、明日も頑張るぞという気持ちになりました。

 高齢になっても働けるという事は自分自身にも良いことですし、更にはその姿を後輩が見て元気づけられるという効果もあるのではと感じた次第です。

 私も70歳に手が届く年齢ですが、何とか仕事はあるので張り合いをもって生活しています。しかしやはり体力や記憶力などは衰えますし、根気も続かなくなります。自分なりにコントロールしながら仕事をこなしていこうと思います。

 お客様がご高齢になり、一人になったのでこれからどうしようかとの相談をここのところいくつか頂いています。昔からお付き合いのある方々なのである程度現状は把握しています。分からないのは健康状態や気持ちの問題です。

若い時に土地建物を購入したいとか、収益物件を購入したいとかそういうこととは根本的に違うと思います。

自宅が戸建てでもマンションでも広すぎたり、坂道があったり駅から遠いとか、病院に通うのが不便とか様々な問題を理解した上で次の計画を考えなくてはなりません。少しでも仕事を続けている方、仕事をしていない方、お身内が少ない方、ご自身のいろいろな環境の違いがあります。

体力的に充分自活できるとなれば、便利な地域でのマンションがいいのではと進めることができますが、体力的にも気持ちの上でもモチベーションが下がっていれば、サービス付き高齢者向け住宅なのか、グループホーム又は有料老人ホームなのかいろいろな選択ができるように考える必要があります。

予算の関係がありますから現在の不動産資産、現金、年金等の収入も加味した上で安心して暮らせるように計画する必要があります。

次に移る所をよく調べて自分自身のこととして置き換えて検討し、慎重に判断しなくてはなりません。お客様のニーズに合った計画ができるように、これからもいろいろと勉強したいと思います。

お話を伺いいろいろなことを話していると、お客様から「話ができただけで安心した。」とか「今まで心配で眠れなかったけども少しは改善するかもしれない」と言われました。心配なことを誰かに話すという事だけでも気持ちの切り替えができるということをつくづく感じました。

お話をよく聞くという事を肝に銘じてこれからも頑張ります!

※山田達也のコラム 連載中 

“お客様それぞれの価値観と気持ちに寄り添って考える”

不動産にかかわることはご相談ください。

TATSUYA YAMADA CONSULTING DESK のホームページはこちら

© YAMADA REAL ESTATE SERVICE COMPANY LIMITED