地域での連携が大切

by 山田達也 2021年8月21日 ≪Column vol. 10≫ 

オリンピックが終わりました。

多くの選手たちが私たちに感動を与えてくれました。ほぼ無観客での開催でしたが、選手たちは開催できたこと自体に感謝の気持ちを込めて、インタビューに答えてくれました。

その姿をテレビで見ているだけで素直に「開催できて良かった」と思いました。パラリンピックも24日に開会式です。オリンピックの経験も生かして是非選手の皆さんが、今までの練習の成果を発揮して活躍できるように祈っています。そして何とかコロナの感染も早い段階で収束に向かってほしいと願っています。

 この夏も暑い日が続いています。また例年のように集中豪雨があり各地で土砂災害など大きな被害が出ています。避難指示については各自治体での判断により発令されますが、毎回同じ様な原因で避難が遅れたりして被害に遭遇しているケースが見られます。避難警報、避難指示は早いに越したことはないのでしょうが、いろいろな要因がありその判断は非常に難しいのだと思います。

 当然想定外のことも起きてその地域によって適切な判断が求められます。実際に現場においては大変なご苦労があることでしょう。土砂災害といってもいろいろなパターンがあり、又規模も様々です。ハザードマップでの周知は勿論必要で、自分の家がどのような地域に位置してどんな災害に巻き込まれる恐れがあるのか、日頃から頭に入れておいて家族ともその情報を共有して、いざという時には自分の判断で避難しなければならないと思います。高齢者の方には周りの人たちの援助が必要になるので、日頃から各地域での連携がとても大事だと思います。2階は大丈夫だったのに1階には土砂が流入した。このようなニュースを見るといたたまれない気持ちになります。具体的な緊急避難の方法などもその場の状況に応じて対応できるように、日頃から各地域で周知徹底していかなければならないと思います。

 崖がある敷地に新たに建築する場合は、鉄筋コンクリート造の擁壁で建物自体を保護したり、基礎を深くしたり、もちろん崖自体が崩れないように造成工事なども行うわけですが、既に崖がある敷地に家が建っている場合は新築時のようなわけにはいきません。本格的な工事をするのは状況にもよりますがかなり難しい工事になります。それでもできる限りの対策を立てて何らかの形で工事を実施できれば、危険度は軽減できます。行政でも補助金を利用できるところがありますので、そのような制度も活用して、出来る事なら何らかの対策は取っておきたいところです。

 それでもなかなか工事が難しい場合に、本格的な工事はできないまでも何か緊急避難的に建物を土砂から守れるようなことができないものでしょうか。山側の外壁に厚めの鋼板だったり、メッシュのようなものを張ったりして、最低限土砂の流入だけは防ぐとか。大規模な災害には不向きでも、最低限の緊急避難的ないろいろな対策ができないものでしょうか。専門家ではないので詳しいことは分かりませんが、これだけいろいろな技術が発達している世の中で、何かいい方法が構築できればと思います。

 私たちは今後も扱うその土地についての情報を集積して、ハザードマップでの情報はもとより、特に崖地がある物件についてはその危険性を把握して、危険を取り除くための工事方法を提供したり、常にお客様に安全に過ごしていただけるように努力していきます。

賃貸不動産の多様性、これからの働きかた

by 山田達也 2021年7月25日 ≪Column vol. 9≫ 

オリンピックの開会式が行なわれました。

コロナ禍の中で難しい運営が求められますが、参加される選手の方々には今まで培ってきた経験と、努力が報われますように、精一杯頑張っていただきたいと思います。

開会式では無観客にもかかわらず、各国の選手たちは表情豊かに開会式に臨んでくれました。選手たちもそれぞれいろいろな思いがあることでしょう。無観客の中での競技はもちろん選手も私たちも残念なことではありますが、与えられた環境の中で、共に思いを一つにして盛り上がっていければと願っています。

 オリンピック、パラリンピックでみんなで感動し、閉会を迎えたころにはさらにワクチンも行き渡り、感染が終息に向かってくれていることと固く信じて日々過ごして行きたいと思います。

大桟橋から見た象の鼻パークのオリンピックモニュメント

 

昨年からのコロナ禍の中で様々な分野で、働き方や、商売のあり方、それに伴ってオフィスの活用の仕方、店舗での売り上げ確保の方法、店舗の有効活用などいろいろなことが行われてきました。リモートでの仕事の方が効率がよいという意見が前半は多かったように見受けられますが、この頃はやはり出勤して職場で仕事に打ち込みたいという意見も見受けられます。

 ワーケーションも一部の人たちには人気がありますが、方や、仕事と休みはしっかりと区別したいという人もいます。

大手企業では本来の仕事がなくなり、出向など今までの仕事とはまるっきり関連がない仕事につかざるを得ない方もいます。特に飲食店は度重なるアルコールの禁止、時短営業でやむなく閉店に至ったお店もあります。

 ここは何とかみんなで一緒に力を合わせて乗り切りたいというのが大勢の方の思いでしょう。

 国や地方自治体の助成金や補助金などフルに活用して、何とか正常に近い状況になるまで頑張らなくてはならないと思います。コロナの感染がどのような形で終息を迎えるのかははっきりと分かりません。またこれからどのような試練が待ち受けているのかも分かりません。

しかしながら今まで様々なことを経験して、少なくともこういう状況になると我々の仕事はこのようになる、またこうならないためには早い段階でこのような措置が有効だとか、一時的にでも緊急対応はこうしなければならないとか、いろいろなこと事が考えられるのではないかと思います。国の方でも当然コロナ終息後の施策を議論しているところです。今までの経験が有効に活用できるように一丸となって進んでいきましょう。

 私たちは現在携わっている仕事の中で、オフィス、店舗、住居などについてこれからの多様性を考え、様々な選択や対応ができるように考えていかなければならないと感じています。

自宅でのテレワーク、シェアオフィスでのテレワーク、地方に在住してのテレワーク、飲食店、物販店、様々な形式での店舗運用、市街地での住居、郊外での住居、これからの社会のあり方、個人のいろいろな生活の価値観を見据えてどのようなことにも臨機応変に対応ができるように、学びながら実践してゆきます。

創業第35期を迎えて

おかげさまで弊社は令和3年7月1日より創業第35期がスタートします。これもひとえに、長年にわたり皆さまからいただいたご支援とご愛顧の賜物と、心から感謝申し上げます。これからも社員一同「幸せな生活をつくる」の理念のもと日々研鑽に励み、不動産に関わるお客様の生活がより良いものになるよう仕事を通じてお手伝いさせて頂ければ幸いです。

令和3年7月1日

有限会社 エ ス ク  社員一同

戸部オフィス

〒220-0041 横浜市西区戸部本町11-5  

≪アクセス≫

□営業時間 9:30~18:00   定休日:土日祝日

※令和3年7月1日より「戸部オフィス」は土日祝日を定休日とさせて頂きます。「岡野サテライトオフィス」はこれまで通り年中無休で営業を致します。

■岡野サテライトオフィス

〒220-0073 横浜市西区岡野1-4-5 中澤ビル3F Work Factory  

≪アクセス≫

□営業時間 9:30~18:00   定休日:無し(毎日営業)

※お盆・GW・特定の祝日・年末年始はお休みさせて頂きます。)

【オーナー様/テナント様/入居者様 連絡窓口】

不動産事業部 045-313-1011(9:30~18:00)

Mail: info”@”yesc.co.jp

夜間・緊急対応連絡先 070-2821-6542 

※緊急の場合は携帯電話まで直接ご連絡下さい。時間帯によりお電話に出ることが出来ない場合がございます。その際は留守番電話にメッセージを残して頂くか、ショートメッセージでご連絡頂ければ幸いです。

≪FOR ENGLISH SPEAKING CUSTOMERS & OWNERS≫

We are proudly celebrating our 35th anniversary of business! Thank you for all your support and encouragement. We continue our efforts to improve, and provide you promising services with the “Soul” of Hospitality.

YAMADA REAL ESTATE SERVICE CO., LTD

Tomoya Yamada

〒220-0041 1-4-5 Okano Nishi-ku YOKOHAMA

TEL: 045-313-1011 FAX: 045-316-2955                        

Email: tomoya”@”yesc.co.jp

© YAMADA REAL ESTATE SERVICE COMPANY LIMITED